上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伊平屋島に行っていました

1/2~1/5まで伊平屋島に行ってきました
暖冬で爬虫類両生類、そして伊平屋島固有のあのヤモリも見れました
が、あまりに一瞬過ぎて写真を撮りそこなってしまいました(汗
そして今回の遠征は地獄の様でした。
1:山で野犬と思われる(実際は放し飼いの犬)に遭遇
2:1時間に50mm以上の大雨にあい、先日購入したFlexible Macro Twin Flash KX800が昇天
3:その大雨と強風によりテントの中に湖ができ、撮影機材や遠征の荷物が水びだしになる
4:年始のため食糧を確保できず(お店が空いている時間が短かったなどで)、1/4まで食事にありつけない

去年の対馬遠征も似たような感じでしたが、今回はそれ以上でした(汗
それでも沖縄にしかいない生物たちを見れたので満足でした。

B79A0188のコピー
アカマタ Dinodon semicarinatum
非常にきれいな個体でした
気温がそこまで高いというわけではなかったからか、とびかかってくることもなく
とても温厚な個体でした

B79A0248のコピー
オキナワアオガエル Rhacophorus viridis viridis
遠征中は日中常に雨で夜になると、その雨が一時的に止むため
蛙はたくさんいました。
伊平屋島は大きなダムとため池くらいしかワタシは水場を見つけられなかったのですが、
山のほうからは彼らの鳴き声が聞こえるため、そっちのほうで繁殖しているのかもしれません

B79A0294のコピー

B79A0312(2).jpg
オキナワヤモリ Gekko sp
早く学名決めてあげてください(苦笑
こちらは林道で発見
同所にはミナミヤモリもいました
どちらも同じくらいの割合で見つけたのでどのようにすみ分けているのか
ちょっと気になりました。

B79A0262のコピー
ヒメアマガエル Microhyla okinavensis
森林のいたるところに居ました。
同所ではリュウキュウカジカガエルもいましたが、
どちらかというとヒメアマガエルが森林より、リュウキュウカジカガエルが水辺よりに多く集まっているといった印象を受けました。

B79A9946.jpg
ヒメハブ Ovophis okinavensis
久しぶりにハブをみてテンションあがりました。
ホンハブは今回も見つかりませんでしたが、ヒメハブだけでも見れて満足です

B79A0280.jpg
ウシガエル Lithobates catesbeianus
正直見たくなかったです…
まさかあんな島にまでいるとは・・・

写真なし
イヘヤトカゲモドキ Goniurosaurus kuroiwae toyamai
死に物狂いで一匹見つけました
が、すぐに茂みに逃げ込まれてしまいました。
ブリブリに太った成体で完全尾、おなかは微かにピンクになっている『非常に美しい個体でした』
できることなら証拠写真だけでも撮りたかったのですが、
今回は断念しました。

近いうちに伊平屋島はリベンジしてきますので、その時はいい報告ができるよう頑張ります。
スポンサーサイト
[ 2016/01/20 22:30 ] 爬虫類・両生類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://digimon19990801.blog54.fc2.com/tb.php/326-afed82ae