上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奄美の蟲

奄美シリーズ第2弾
今回は蟲です


オス
オオジョロウグモ Nephila maculata
メスが手のひらよりもでかいのに対して、こちらは1cm程


ヒナ
ヒナカマキリ Amantis nawai
全長わずか1cm程のカマキリ
日本最小のカマキリ


オオシロ
オオシロアリ Hodotermopsis sjostedti
オオズアリでもそうだが、ソルジャーは頭と顎が異常にでかくカッコイイ!!


サソリモドキ
アマミサソリモドキ Typopeltis stimponii
交尾??それとも喧嘩??
雌雄だからやっぱり交尾かな??


サツマ
サツマゴキブリ Opisthoplatia orientalis
あまり見かけなかった
体のふちが紅白ってすごい組み合わせ
紅白…縁起いいな

コブ
コブナナフシ Datames mouhoti
探すと見つからないけど、探さないと現われるナナフシ


タイワン
タイワントビナナフシ Sipyloidea sipylus
眼下から翅の付根までの黄色いラインが無いので、たぶんタイワンです
シラキとヤスマツに関しては、生息してないので違うかと…
一応形態的は
シラキ→胸に褐色のラインがあり前肢付根が黄色い
ヤスマツ→体色は緑で、茶色にはならない(成虫になれば翅で判断できます)
といった点で判断しました

国産トビナナフシコンプリート!!
スポンサーサイト
[ 2010/12/31 08:45 ] | TB(0) | CM(0)