上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アリヅカの同居人

クロクサアリのコピー
クロクサアリ Lasius fuji
近くの公園でウロコアリ散策
いまだ見つけられないがその代わりにクロクサアリの行列を発見

クロクサアリ02のコピー
行列から外れ一匹だけ木片をはこんでいた


そして今日は予想外の生き物を発見しました。
ウロコアリ散策のため倒木をどかしたところ・・・
B79A8952のコピー
アリヅカコオロギ Myrmecophilus sp.
アリヅカコオロギです!
種同定まではできませんでしたが人生初のアリヅカコオロギです
しかも結構な数が1つの巣に居ました。

B79A8924のコピー

B79A8934コピー

B79A8926のコピー
トビイロケアリ Lasius japonicusとアリヅカコオロギ
しっかり巣までついていきます
スポンサーサイト
[ 2015/11/06 00:52 ] | TB(0) | CM(2)

ブルーライン

B79A9534.jpg
アオオビハエトリグモの仲間
この時期でもまだいました
アリ撮影用のレンズでも行けるかと思っていましたが、ハエトリグモ位の大きさになると被写界深度が浅すぎてダメですね
目にしかピントが合っていなくて某寄生獣のような感じになってしまった

B79A9544のコピー
別個体
ラインの感じが違うから別種?
こっちは通常のマクロレンズで撮影
[ 2015/09/25 01:43 ] | TB(0) | CM(0)

小さくて広い世界

B79A8597のコピー
トゲアリ Polyrhachis lamellidens
虫の目レンズとも違く、ただの広角とも違く
イメージはあるのですがそれをどう撮っていいか瞑想中

B79A8638のコピー
[ 2015/08/18 00:54 ] | TB(0) | CM(0)

ジョー

B79A8455222.jpg
アギトアリ Odontomachus monticola
どうしてもこのアリが見たくて探してきました。
先月と今月2回いき、今月1回目の散策で見つけることができました
見つけたときの第一印象は『デカイ』です
普通に歩いていてもすぐにアギトアリだとわかるくらい大きいです。

B79A8241のコピー
本来葉っぱの上よりも地面を這っていることの多いアギトアリ
しかし発見時は地面・樹皮・葉の上とさまざまな個所を徘徊してました。
あと暑さのせいか、それなりの個体の死骸もあり
ワーカーがその死骸を運んでました

B79A82432.jpg
アギトの名がつくだけありこの大あご
閉じるときにバチンと音がしました
あと、顎を閉じる衝撃波で後ろとびをするという話を聞いていたのですが、
それも見ることができました。
かなり飛びます

B79A8383のコピー
あと、大あごばかりに目が行きますが毒針も持っています。
うかつにも手に乗せて愛でていたら指先をブスリと・・・
そしてガブリとやられてしまいました
予想以上に痛いので気を付けましょう(いい記念になりました)

B79A8229.jpg
[ 2015/08/06 04:00 ] | TB(0) | CM(0)

兵士ではなく解体職人

B79A7970のコピー
アズマオオズアリ Pheidole fervida
私も最近まで知らなかったのですが・・・
オオズアリの兵蟻は外敵かほかの働きアリを守るよりも、
巣内に運ばれた餌をその大顎で細かく分解するのが本来の役割のようだ。
[ 2015/07/26 07:10 ] | TB(0) | CM(0)